プチ整形後のお手入れ法|ハリUPで目元に自信を取り戻す|ヒアルロン酸注入で憎きしわを解消
女性

ハリUPで目元に自信を取り戻す|ヒアルロン酸注入で憎きしわを解消

プチ整形後のお手入れ法

目

手術の後に気をつけること

二重は、女性にとって永遠の憧れですよね。パッチリした二重の目元は、アイメイクが映え、華やかな印象を与えることができます。そこで、近年では埋没法などを中心に腫れない、バレにくいプチ整形治療が人気を博しています。今回は、手術後の生活にどのように影響するのか、腫れないようにするにはどうすればいいのかについて紹介します。気をつけるべきポイントは2つあります。1つ目は、コンタクトレンズの使用についてです。二重の治療後は、基本的にすぐコンタクトを使うことができますが、手に付いた雑菌が付着する可能性があるため、3日から1週間は使用を控えることをオススメします。2つ目は、メイクです。施術後、つけまつげのノリやマスカラなどまぶたに過度な負担となるものは控えましょう。原則術後3日間程度は、目元をいたわる生活を心がける方が良さそうです。

少しの工夫で快適に

二重の治療後、腫れないようにするための工夫としてコンタクトとメイクについて紹介しました。2つ目のメイクについては、テクニックとして、術後特有の腫れをカモフラージュしてくれる効果が期待できます。例えば、ラメの入ったクリーム系のアイシャドウなどでぼかしてみましょう。また、二重の中でも腫れないと人気の治療法でもある埋没法は、医療用ナイロンでできているため、まぶたの表面にあるとうっすらと見える場合があります。長時間気になる場合は、クリニックで相談しましょう。また、仮に糸が出てきてしまった場合は、傷跡の原因にもなるため抜糸などの処置を受けるようにしましょう。埋没法は、糸が緩んでしまったあと再手術を受けることが可能です。上手に二重整形と付き合い、理想のまぶたを手に入れましょう。