リスク少なく自然にアップ|ハリUPで目元に自信を取り戻す|ヒアルロン酸注入で憎きしわを解消
女性

ハリUPで目元に自信を取り戻す|ヒアルロン酸注入で憎きしわを解消

リスク少なく自然にアップ

女性

乳がん検診も可能

豊胸手術というと、シリコンパックや生理食塩水を入れる方法がよく知られていますが、これらの方法は触るとバレやすいという難点がありました。最新式の豊胸治療では、コンデンスリッチ法と呼ばれる豊胸が注目を集めています。自分の太ももやお腹にある脂肪を抽出し、胸のふくらみに注入するといった脂肪注入法をさらに進化させた治療法で、心配されるしこりの問題や脂肪が吸収されてしまうといった点が改善されているために注目されているのです。また乳がん検診のマンモグラフィ検査では、シリコンパックは割れてしまう可能性も否定できませんでした。乳がんの早期発見の重要性が高まるにつれ、乳がん検診にも支障がないコンデンスリッチ法はますます需要が広がっていく豊胸であると言えるのです。

安全性がとても高い

コンデンスリッチ法は、自身の脂肪を抽出するところまでは脂肪注入法と同じ治療方法です。しかし抽出した脂肪に処理を加えることによって、しこりが出来るリスクや脂肪が体に吸収されてしまうといったことを防ぐことが出来ます。脂肪を処理するメリットは、古くなった細胞や血液などを取り除くことが出来るという事です。不要なものが取り除かれた脂肪は、バストへの生着率が高く、施術後にしこりが出来る可能性が低くなります。また濃縮した状態で注入するために、体内に吸収されにくくなり効果が長持ちするのです。当然気になっている部位の脂肪を取り除くことが出来るので、サイズダウンとサイズアップの両方を行うことが出来る治療法です。痩せている人は効果が出にくいかもしれませんが、安全性は高い豊胸であることから、一度相談してみるといいでしょう。